クォンタムタッチって?(1)

こんにちは。Kunikoです。クォンタムタッチに初めて出会ったのは、2015年です。 わたしは11歳のときに脊柱側湾症と言われました。

アラフィフになって、いろいろ身体の不具合に気づき始め、ヨガを始めたり、鍼灸師さんにお世話になったり、いろいろしてみたのですが、脊椎側湾症があるので、身体がまっすぐになりません。

そして、腰が痛い。 クォンタムタッチのことは、本で読んで以前から知っていたのですが、「骨が動くなんて」と、信じられませんでした。

でも腰があんまり痛いので、鍼灸師の先生に「クォンタムタッチする人、知りません?」って聞いたら、「すごいのいるよ」と、紹介してくださいました。 「まさか、骨が動くわけないだろうけど、だめもとでいいや」と、しんろく整体の高橋直人さんのところへ行きました。   そのときの写真です。(背脂がお恥ずかしいですが……。)

 

 

右に上がっていた腰のラインが、ほぼまっすぐになったのが、おわかりになると思います。骨盤がかなり傾いていたので、いつもパンツの裾上げは、右を1.5センチくらい長くしてもらっていました。 この間、20分くらいです。 本では読んでいましたが、40年ものの側湾症が動くとは思ってもみませんでした。 本当に驚きました。そして嬉しかった!小躍りしちゃいました(^^)でも自分でそれを習って使えるようになろう、と、思うまでには、もう少しかかりました。

 

 

セッションのメニューこちらです。

ご予約、お問い合わせはこちらからどうぞ。