捻挫

捻挫はけっこう日常的に遭遇するので、対処することがあります。

子どもってけっこう捻挫するからです。

先日も足がつけなくてケンケンで英語教室に来た子がいました。

来てすぐ10分くらいと、

授業が終わってから10分くらい手を当ててクォンタムタッチしたら

足をついて帰れるようになりました。

もう少し時間を取れたらもっとよかったかもしれません。

 

昨日は、大雪のあと、雪かきをした家人が午前中に足を引きずってるので、

「どしたの」と聞いたら、足の親指の付け根を捻挫したという。

まあ、捻挫かどうか良くわからないのですが、ここがピンポイントで痛い、というので、靴下を脱いでもらってさわると、足の親指の第2関節のところに米粒くらいの少し硬く、晴れた場所がありました。

そこに指先を当てて、15分くらいしたら、和らいだ、良くなったというので終わりにしたんですが、

夕方、「足はどう?」と、聞くと、「痛い!」という。

でも、あきらかに午前中は、足を引きずってて、まともに歩けなかったのが、今は普通に歩けてるので、改善してるんですけどね。

クォンタムタッチでは、治る人がヒーラーで、プラクティショナーは、ヒーラーじゃなくて、ただきっかけをあげてるだけです。

なので、痛い状態にその人が留まりたかったり、治るわけない、と、強く決めてれば、治りにくいときもあります。

そんなことない、治りたくないわけないだろ、というかもしれませんが、潜在意識に自己憐憫があったり、自分を罰していたりすると、治ってはいかん、というブロックができ、不調も改善されにくくなります。

良くなっていいんですよ。誰でも。

 

受付スケジュール(ご予約可能日、時間)

お問い合わせ、お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です