受験シーズン、周りの意識の持ち方

受験シーズンですね。「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春なわすれそ」なので梅を貼りました〜。天神様よろしくです。

本人は、やることやって、ベストを尽くしてください。もうそれだけ。自分がどれだけやったかだけですね〜。

人事を尽くしたら、神社に行って神さまにお願いしたりするわけですが、周りがしてあげられることは一つ。

親だったら、受かって、入学式にその学校の前で、笑顔で一緒に写真撮影してるところを強くイメージする。

それだけ。心配無用です。

受かります。「大丈夫」って思えるときは、受かります。

だって、明日映画に行くって決めてたら、普通、行けます。
タクシーに乗って、「東京駅まで」って言えば東京駅に着きます。それと一緒。

だから、受かるって思ってれば、受かります。

外野の作れるイメージは、一緒に入学式に笑顔で学校のあたりにいることです。本人じゃないので。

あとは、親の安心のために受かってもらいたい、は、だめ〜。落ちたらまたやればいい。しょうがないです。

心配する人は、自分が安心したいから受かってもらいたいって思ってることがあります。

心配は、ほんとに邪魔になるだけだから、しないでください。そういうおばあちゃんなんかは、親が、それもブロックします。

喝!

おしまい(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です