ワークショップを受ける意味:感覚への気づき

クォンタムタッチは、本に書いてあるように、読んだだけで、できるようになるのです。

その一方で、自分も本を読んではいましたが、

最終的には、ワークショップに参加して、できるようになりました。

インストラクターになってみて、ワークショップでQTを習う最大の意味は、これです。

「感覚の気づき」を、インストラクターや他の参加者と一緒に体験することで、その確認ができる。

 

私たちは、エネルギーを日々24時間、体感しながら生活しているのですが、そのことにはとても無自覚です。

原理は本に余さず書いてある。

ですから、その通りにすれば、できるようになります。

でも、

自分一人でやって見る、

または

実感のない人同士でやっていると

本当にこれで良いのか、よくわからない。

確信が持つのが難しいかもしれません。

 

感覚はその人それぞれですが、

インストラクターは、その人の実感を確認するための術を持っています。

私は、QTのインストラクターそのものは、まだ日が浅いのですが、その前から

フラワーエッセンス、気功などのエネルギーワークを色々学んで使ってきました。

「意図」は、違いますが、

使っている材料は一緒なので、

身体の表す結果などは、他の技法からも参考にできるところが色々あります。

また、自分の身体感覚を通しても実感のまだあまりつかめていない方に

お伝えできることがあります。

もちろん、この他にもワークショップを受ける意味はたくさんあるのですが、

最初の入り口で戸惑わずに、すんなりQTを使えるようになるのに、

ワークショップは良い選択と言えると思います。

次回のQT レベル1 ワークショップの日程

4月 29日(日)30日(月祝)

5月 3日(木祝)4日(金祝)

10:00〜18:00

会場:Kuniko’ s Healing Room LiuHus

 

お問い合わせ

ワークショップ詳細、キャンセル規定など

 

アマゾン

クォンタムタッチ―奇跡のヒーリング技法

楽天

クォンタムタッチ 奇跡のヒーリング技法 [ リチャード・ゴードン ]