切り傷。早朝、目の下流血騒ぎ。加害者はリコ(犬)。

↑加害者(犬、リコ)。6キロ。

朝、6時過ぎに「イテー!!」と、大きな声がして、

「たいへん、たいへん、すげー、血が……」と、19歳息子。

「リコが、思いっきり目を蹴ったー……。」

今朝は、3時くらいにリコが外の物音に驚いて吠えたので目が覚めてしまい、わたしはなんだか上手く寝付けず、うとうとしてたところに

目の辺りから血をダラダラたらしている息子を見て、シャキーン、と、目が覚めました。

犬が、何かに驚いて、布団で寝ている息子の目の上を後ろ脚で蹴って飛び出したらしい。

ティッシュを当て止血しながら、「そのまま、そのまま」

座らせて、クォンタムタッチ始めました。

ありゃー、下まぶたがパックリ切れてる。でも目の中じゃない。

少しずつ出血が収まってきましたが、まだ傷が開いてる。

7時にかけておいたアラームがなりました。そのままQT。

横にならせてから、ある程度出血が収まったので、ティッシュをとって、

傷をしっかり目で確認しながら、イメージの糸で縫うつもりで、そのままクォンタムタッチ(QT)を続けました。

あ、くっついた、傷が塞がった、と思ってとったのがこの写真です。7時26分になってます。

黄色く線を引いた範囲が切れて、パックリ割れてましたが、くっつきました。

だいたい1時間超、QTしたと思います。

縫わなくちゃかなーと思いましたが……。傷もくっついたので様子を見ています。

今日は滅菌ガーゼで左眼は覆い、出かける予定をキャンセルし、安静にしてます。

QTすごいけど、肝を冷やしました。

QTできて良かったと思います。こういうときは触らなくて、見るだけでいいですね。

しっかり意図して、イメージすれば大丈夫です。

こんな目にあっても、蹴られた本人も家族も、リコさんを怒れないのでした。なんとなく神妙にしてるし。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です