バネ指、腱鞘炎

スーパーで叔母に行きあったら、

「腱鞘炎なのよ」
「親指が、カクン、カクンってなるの」
「痛いのよ」

うーん、名前はどっちでもいいんだけど、痛くて、うまく親指が動かない、使えない、ってことですね。病院では腱鞘炎と言われたらしい。薬塗ってるって。

この方、右の乳房を乳がんでとって間もないのです。右肩が巻いている。

胸をかばって、大胸筋が縮んてるんですよね。

「今度、手術って言われちゃったー。麻酔して切るだけですよって、言われたのよ〜」

「いやいやいや。切らなくていいから。すぐ、うちに来て。」

1人、クライアントさんの予定があったので、そのあとに来てもらいました。

親指の腹に何分かQTして、

そのあと、肩周りのQTをして、右の大胸筋を緩めて、
バランス取るために左も同じようにしたら、

手がバッチリ開くようになり、
青白かった親指の付け根から手首にかけてピンク色になり、

「わあ、痛くない!ありがとう」

って帰っていきました。左手も開きにくくなってましたが、がばっと開くようになりました。

この間、だいたい20分くらいです。

バネ指は、今までも5人くらいの方に来ていただいたり、遠隔でやらせていただいてます。

だいたい結果はとても良いようです。

手術した方がいいと言われた方は、
一度お試しにおいでいただいてもいいかもしれないです。

 

💫写真は、イメージです。私が、叔母の手の様子を真似ました。

最初、手が開かなかったのが、QTの後、開くようになりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です